リヨセル

リヨセルとは、再生セルロース(パルプなど)から作られた再生繊維である。イギリスのコートールズ社、現在ではオランダのレンチング社の商標であるテンセルがよく知られている。アメリカ合衆国の連邦取引委員会(FTC)では、リヨセルはレーヨンのサブカテゴリだと説明している。
(出典:https://www.ftc.gov/news-events/press-releases/1995/11/ftc-may-allow-new-name-lyocell-washable-rayon-fiber

1972年、ノースカロライナ州エンカの地でリヨセルの原型が開発された。当時の名は"Newcell"だった。
1980年には先述のテンセルが開発され、リヨセル繊維の商品の中では最も有名になった。
2010年現在では、リヨセルの生産は綿レーヨンのそれと比べてハイコストではあるが、多くの衣料品などの日用品に用いられている。

リヨセルの特徴

他のセルロース繊維、綿レーヨンと似た特徴がある。すなわち、柔らかな肌触り、優れた吸水性。
リヨセルはそれに加えて皺になりにくさや、スエードや革、など、他のテクスチャを模すことができる特徴がある。

関連用語

ポリエステル

レーヨン